110

所在地

青梅鉄道公園

 

東京都青梅市勝沼2-155

開館時間:

3月~10月 10時~17時30分(入園は17時まで)
11月~2月 10時~16時30分(入園は16時まで)

休館日:月曜日

入場料100円

訪問日 2015/6/20

​備考

カットモデル

上屋あり・柵なし

2019年8月31日青梅鉄道公園での展示を終了

2019年9月2日青梅鉄道公園から移設

​整備後の展示場所不明

車歴

沖田祐作「機関車表フル・コンプリート版」引用

110 Yorkshire Engine =164 1871-00-00 S23.01t1Bt(1067)
車歴;

1871-00-00製造→納入;国鉄;10→配属;西部局を予定したが東部局配属?
(造幣局大阪/新編日本鉄道史による)→

1873-00-00現在;東部局→
1875-04-00東部局へ正式移管→

1875-00-00頃改番;3→

1880-11-00神戸局→
1885-04-00東部局→借入;日本鉄道(東京都);3→

1886年秋;江尻(現清水)→
1887年冬;東部局→

1899̶1901年頃借入;北海道庁鉄道部(北海道);113→
1906年現在;新橋駅暖房用据缶代用→

1909-10-01改番[達693];110→
配属;西部局→配置;?→名古屋局→

1920-06-00東京局→
1923-12-00保存展示;大宮工場「参考品陳列館」→
1924-04-10廃車[達13];新橋?→

1950-01-15(1/16?)借入;汽車の町(大宮
工場敷地内川越街道沿いの地点に 木造客車3両と共に商店街を形成=払下説あり/交通
新聞の記事による=払下はおそらく誤認);110→
返却後保管;大宮工場(DD101・ED542等共に屋外放置);110→
1962-10-14保存;東京都「青梅鉄道公園」;110

© 2018 steamlocomotivejapan.com